ブログ

温州みかんはどの品種がオススメ?自分で選ぶ方法、贈り物にしたくなる理由をご紹介!

 

どの品種をたべる?

 

 

温州みかんのどの種類を選べばいいの?

 

チョコマロ
こんにちはーチョコマロです(*_*;
あんこ
こんにちは!あんこです♪

あれ?チョコちゃんテンション低いね(゜_゜)

 

チョコマロ
ちょっと考え事してたら昨日あんまり寝れなくて…

温州みかんって系統があって、そこから種類にわかれるよね?

 

それでどれを食べようか迷ってたらいつのまにか朝になってた…

 

あんこ
(゜_゜)

 

チョコマロ
あんこちゃんはどれを食べようか決めたの?(´・ω・`)
あんこ
私は結局、みかんKINGにオススメを聞いてから決めようと思ったけど(‘ω’)

 

チョコマロ
その手があった!
あんこ
それじゃあみかんKINGを呼びますか♪

 

チョコマロ
みかんKING~~~

 

みかんKING
呼びましたか?

 

チョコマロ
うわ!いきなり会話の方に出てきた!
みかんKING
これからは解説部分とは別でやっていこうと思いましてね。

 

早速ですが先ほどお話しされていた、品種ならぬ我が王国の国民をご紹介いたしましょう。


それでは解説に移らせていただきますね。

 

オススメの品種

 

今回は温州みかんのどの種類を選べばいいの?ですが

 

全部オススメです!!

(私の国に美味しくないみかんはいないのです!)

 

ですが、それじゃあどれが美味しいのか分からないじゃん!

 

というあなた!

 

こちらから質問ですがどんなみかんが食べたいですか?

 

美味しいミカンの定義とは?

 

まず私のオススメを語る前にあなたが食べたいのはどんなみかんでしょうか?

 

すっぱいみかん

甘いみかん

種がないみかん

 

他にもたくさんのこだわりがあるかも知れませんので、私が「これはオススメです!」というのは簡単には言えないのが正直な気持ちです。

 

ですが見つけなければいけないのは私のオススメではなく、あなたが美味しいと思うみかんなので、その事を忘れないでくださいね。

 

ちなみに1つ豆知識ですが、温州みかんに種は基本的にありません。
栽培の都合上まれに種があるみかんができてしまう事があります

 

それでは、あなたに合ったみかんを探しましょう!

 

以前、『普通のみかんって温州みかん?違いや理由を簡単に解説!』の記事でご紹介したこちらの画像をご覧ください。
以前の記事を見ていなければ要チェック!見てから続きを読んでいただくと分かりやすいのでぜひ見てください!

 

 

 

 

木の下の部分、赤い枠で囲まれたところを見ていただくと、”収穫時期”があるのがわかると思います。

 

この収穫時期で系統が分かれるというのは、以前の記事で解説させていただいたのですが、

 

極早生から酸味が強く、晩生ほど甘味が強くなるのが基本

 

になります。

 

この法則を軸にして種類ごとに探して食べてみるのが一番だと思います。

 

せっかくなので画像で紹介している品種の、特徴などをまとめた表を用意したので参考としてご覧ください。

 

 

品種 系統 糖度 特徴
日南1号 極早生 9~11度 甘味より酸味が少し勝っている感じでサッパリした味。

時期によって糖度が変わってくる。

極早生なのであまり日持ちはしない。

上野早生 極早生 11~12度 果皮が薄く食べやすい。

極早生でもかなり甘いほうだが他の極早生に比べると収穫時期が遅め。

宮川早生 早生 栽培方法によって異なる とても栽培しやすく、量産できるので全国的に有名な品種。

甘すぎず、酸っぱすぎず食べやすい。

完熟栽培も行われており糖度の高い品種もある。

原口早生 早生 11~12度 酸味を感じさせずとても甘い。

果汁が多いのも特徴。

大きなサイズの個玉でも味や食感が変わらない性質がある。

大津4号 中生 12~13度 比較的糖度が高い。

大きく平たいのが特徴の1つ。

酸味が少なく小さな子供でも食べやすい。

向山温州 中生 10~11度 糖度そのものはあまり高くない印象だがコクがあり酸味が弱いので甘く濃厚な味。

果皮が濃い紅色になっているのも特徴の1つ。

青島温州 晩生 12~13度 静岡県原産の品種。

貯蔵性があり、4月頃でも見かけることがある。

少し大きめで甘いのが特徴。

十万温州 晩生 11~12度 酸味・甘味ともに強いが濃厚なコクがあり甘く感じて食べやすい。

収穫量が少ないので希有なみかんとも言われている。

 

 

イラスト

 

 

いかがでしょうか?

 

表には載せていないのですが”ハウスみかん”というのもあります。

 

ハウスみかんは温室みかんとも呼ばれていて、ビニールハウスで人工的に作られた環境の中で栽培されたみかんの事です。

 

天候など関係なく最高の環境で作られるので形もよく、しっかりした甘味とコクがあるのでとても食べやすいみかんです。

 

しかし最高の環境を維持し続けなければならず、普通のみかんよりも手間暇かけて作られるので、どうしても値段が少し高めになってしまいます。

 

糖度や特徴などできるだけ詳しく表記させていただきましたが、正直食べてみないと何とも言えないと思います。

 

ここに書いてあるだけではなく、その他の種類を調べて食べてみるのも自分が納得したものを探す秘訣です。

 

多少ですがみかんを選ぶ時の参考になったと思います。

 

さてこれでどの品種にしようか、なんとなくではあるものの決まってきたのではないでしょうか?

 

では次は大事なことですが・・・

 

温州みかんを購入するとき

 

お買い物画像

 

温州みかんは季節物になるので近所のスーパーなどに、上記で紹介した品種やご自身で調べた品種がない場合がありますが、その時は店員さんに聞いてみましょう!

 

どうしても見つからないときは通販などを使うのも1つの手段です。

 

当ふれあい館のサイトでも温州みかんを3種類取り扱っていますので、ぜひ一度ご賞味ください!

 

お買い物に行った時、旅行に行った時など、ここに書いていない品種が売っていたらチャレンジしてみるのも楽しくて新しい発見につながると思います。

 

さらに、自分で食べるのではなく贈呈用として購入するのもオススメです。

 

みかんは小さくて数が多いので、もらった側もいっぱい食べられるし、食べきれない分は気軽にご近所さんにおすそ分けしたりできるので贈り物にもピッタリなのです!

 

その時はあなたが美味しいと思った種類のみかんを送ると、受け取ったお相手も喜んでくれてお互いにいい関係が深まるでしょう。

 

配達

 

今回のまとめ

 

今回は温州みかんのどの種類を選べばよいのか、という事でしたが好みなどがあるためご自身で決めていただくのが一番という結果になります。

 

あまりお役にたてず申し訳ありません…

 

最初に書きましたが、私のオススメはやはり全てのみかんなのです。

 

それでも数ある種類の中から、あなたが一押しのみかんを見つけて美味しく食べられることを心より願っています。

 

今回はこれで解説を終わりとさせていただきます。

 

ありがとうございました。

 

みかんKING


あんこ
KINGさんありがとう!

 

チョコマロ
ありがとうございました!

 

みかんKING
いえいえ、今回はあまり解説という解説ができずに申し訳ありません。

 

あんこ
そんな事ないですよ!

 

自分で食べたいのを探す楽しみができたので今から気分ルンルンです♪

 

チョコマロ
私も自分で一押しの温州みかんをさがしてみます!

 

まずはふれあい館のみかんを全部食べ比べてみることにしようかな(*^^*)

 

みかんKING
ありがとうございます。

国民たちもそうしていただけるのが一番の喜びでしょう。

 

チョコマロ
それで1つ気になったことがあってKINGに聞きたいんですけど(‘ω’)

 

みかんKING
なんでしょうか?

 

チョコマロ
KINGは温州みかんのどの品種になるの?

 

あんこ
( ゚Д゚)

 

みかんKING
・・・・・・

 

チョコマロ
聞いちゃダメだった?(´・ω・`)

 

あんこ
次回はみかんを美味しく食べる色々な方法をご紹介しまーす♪

 

次回予告

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る